知っておきたい海外の交通事情

日本と海外では自動車の運転事情は異なります。ここではアメリカなど海外の運転事情について紹介しましょう。海外では日本とはルールが異なりますので、きちんとルールを把握しておかなければ大事故になることもあるのです。海外で運転する可能性がある人はきちんと事前に運転事情を調べておく必要があるでしょう。

【海外は右側通行の国が多い??】
日本は左側通行が当たり前なのですが、海外は右側通行の国が多く見られます。海外製の自動車で左側ハンドルがおおいのも右側通行の国が多いからなんです。日本の道路の感覚で自動車を運転すると、無意識のうちに左側走行してしまうことがあります。海外で自動車を運転する場合、右側通行になりますので間違えないようにしましょう。

【信号ルールも日本とはちがうのでご注意を】
日本での信号ルールは誰でも知っているでしょう。青は進め、黄色は注意、赤は止まれが日本では当たり前の信号ルールです。この信号ルールに関しては多くの国で当てはまるのですが、海外の国によっては赤信号なのに前進してもOKという国もあるのです。アメリカでは右折に限っては信号が赤でも一旦停止をして安全確認すれば右折可能という特殊なルールもあるのです。
信号ルールはきちんと把握しておかなければ大事故につながる恐れがありますので、運転する可能性のある海外諸国の信号ルールは渡航する前に確認しておきましょう
【高速道路のルールも日本とは異なる?】
高速道路のルールも日本と海外では異なります。日本では高速に入る前に料金所があるのが基本です。しかしアメリカでは高速道路が無料になっているので、料金所などは存在しません。そのため高速道路と一般道路の区切りが分かりづらく運転中にパニックを起こす人もいるので気をつけなければなりません。信号や車線以外にも普段あまり意識していない部分で交通ルールが異なることがあるのでその点は気をつけなければなりません。無茶な運転はくれぐれもしないようにしましょう。